2012年02月02日

僕は息をする

 皆さん今日もキョドっていますでしょうか。僕はキョドっています。
 このキョドりとは今後も長く付き合っていく覚悟ではありますが、いくらなんでもキョドりが過ぎることもあるので、僕の過剰なキョドリ成分を軽減すべく今後実践していく呼吸について此処に覚書をしておこうと思います。
 
 まずこのキョドリは主に緊張・あがり症からくるものだと思うので、これを和らげるためには副交感神経を優位にするとリラックスできるという身体の仕組みに着目し、呼吸を意識していきたいと考えております。もちろん「自信がない」というのが一番の大きな要因で、「うまくできなかったらどうしよう」「馬鹿にされたらどうしよう」「気持ち悪いと思われたらどうしよう」「え、人間?」「ナメクジだと思ってたwww」というような精神的な身構えが緊張を引き起こしているのでしょうが、精神的な部分をコントロールするのは難しいというか、実際気持ち悪いしナメクジの遺伝子も若干入り込んでいる疑いもあるので、そうではなく技術的に実践のできるものの方が入りやすいので呼吸法を取り入れることにしました。皆さんもレッツチャレンジ。

1.姿勢をよくします
 ※キョドリストは生まれてすいませんという気持ちが姿勢に表れ猫背になりがちです。姿勢がよくないと呼吸がし辛いです。
2.お腹をへこませるようにゆっくり長く息を口から吐きます
 ※吐ききります。吐くほうが副交感神経に影響するので重要です。10秒近くかけて?
3.お腹をふくらませるように自然と息を鼻から吸います
 ※吐く時より短い時間でよいです。4秒くらい?
4.息を止めます
 ※酸素が全身にいきわたるイメージで。5秒くらい?
5.2.の吐くところに戻り、以降くり返し
 ※吐く時に自分の身体の中の悪いもの、イライラした気持ちや悩み、テニスサークルへの憎悪などを一緒に吐き出すイメージをすると、精神的にもさらにリラックスができますね

 これを暇な時や重要な場面の前、それと寝る前に行い続け、年中無休で緊張を強いられていた僕の身体が弛緩され自律神経のバランスがよくなり、キョドリが軽減することを期待したいと思います。(これをやればリラックスできる、技術的な面で足りなかったなら修正可能で決してナメクジなわけじゃない、と思えるだけでも違うはずです)


 さて、この呼吸法はいわゆる腹式呼吸なわけですが、歌ってみたをやっていたときはガン無視していたのにキョドリ対策では実践する気満々な僕で申し訳ありません。あとキョドリ対策として「喋る量を増やし声帯を鍛える」を実践するためにやっているニコ生に関しては6月いっぱい頃までの予定です。それ以降はもう完全に環境的に難しいのでコミュニティも消去しROMモードになりますので、そこまでお付き合いいただけると幸いです。その間、春ごろに1本動画も上げられたらと思っていますので、もし見かけたらチラ見してください。 
posted by トモナシ at 22:48| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。