2011年06月25日

ニコニコ動画

 約2年半、費やした時間はおそらく数百時間、夢中で動画の投稿をしてきました。
 主なカテゴリは歌ってみた。それなのに何の音楽的素養もないどころか、カラオケレベルとしても標準を遥かに下回る歌唱力、おまけに社交性もない、底でうごめくどこにでもいるちょっと平沢唯ちゃんが大好きなだけの一般人が、ずっと替え歌で悪ふざけをして、気付けば78個もの替え歌動画をひたすらうpしていました。歌わせていただいた原曲作者の皆さまには全裸土下座と心よりの謝意を表します。申し訳ありませんでした、そして本当にありがとうございました。

 労働へと向かう地獄の通勤電車、僕はイヤホンから流れる音楽に救われ、なぜか思いついた替え歌を、会社でこっそりメモし、家に帰って仕上げる、そんな日々を過ごしてきました。休日お友達とヨロシク遊べる社交性もないので、仕事以外の時間を殆ど動画投稿に向けた作業に使いました。自分は駄目だなあとかキモいなあとかナメクジの遺伝子が何かの間違いで少し混じっちゃったんじゃないだろうかとか、余計なことを考えず没頭できる、大切な時間でした。

 これまで、僕の拙劣な歌とネタを、たくさんの人に好意的に受けとめていただいてきたと思います。こんなことは全く期待も想像もしていなかった、本当に奇跡の様な出来事でした。今でもちょっと信じられません。
 再生数などが増えて、僕の意識は変化したと思います。ただ、動画投稿への姿勢は、最初から最後までブレなかったと、そこだけは自信を持って言えます。動画を作って、僕自身が楽しむことと、誰かに笑ってもらうこと。

 何かを強く伝えたかったわけではありません。ただこんなヤツもいるよと、僕自身と、誰かを、安心させたかったんだと思います。動画でも散々言ってきたように、僕は人見知りで、キョドって、全体的に駄目な、残念な仕上がりの人間です。なかなか生きるだけでタフな状況が続いてきました。タフ過ぎてウンザリする時期もありました。ですが今は、少しずつ、ほんの少しずつ、前に進んでいると思えます。駄目な部分も受け入れられるようになったというか。僕はきっと、他の人より偉くはなれない。他の人よりかっこよくもなれない。それでも生きるしかないし、相変わらず失敗だらけの人生だけれど、案外大丈夫なもんだと、いいことだってたまにはあると、そんな気になってきました。
 渦中にいる人は、そんな風には思えないと思います。僕もそうでした。ただ「時間的に少し先を歩いているあの底辺が、”駄目だけどわりとこの道大丈夫だったよ”と言ってたなあ」とあなたの心の片隅に置いておいてください。

 話が動画投稿から激しく逸れました。根暗について考え出すとついキョドリながら熱くなってしまいますスイマセン。根暗なので基本的には耐えるスタンスで、ドラクエでいうと「いのちだいじに」作戦な僕ですが、やはり時には、自分から歩いていかなければ掴めないものもあるのだと思います。
 動画の投稿はまさにそれで、自分のアクションが、小さな奇跡を呼んだのだと思います。もちろんこれは偶然の産物で、たまたま運が良かっただけなんだと思っていますが、一歩を踏み出した自分のガンバリズムを、今は褒めてあげたいです。
 個人的に遊んだりするトモダチックな関係は誰とも築けなかったとしても、インターネット上でコメントをもらえたりするだけで、僕にとっては充分なコミュニケーションでした。それが僕のリアルな生活の方にも、心の平穏や仕事での喋りなど、少しずつよい影響を与えたりもしました。動画投稿は、僕にとっていいことだらけでした。

 僕はこんなミソッカスですから、褒められることなんてありません。力がなくて、誰かを助けられたことなんてありません。僕の投稿した動画を見て、「笑ったよ」「なんかちょっと元気出たよ」と言ってもらえたこと、本当に本当に嬉しくて、「歌ってみてよかった」、もっと言うと、「僕という人間が存在していて意味があったんだ」と思えました。

 ネタ切れ&個人的な諸事情で区切りをつけさせていただきますが、ここまでたくさんの人達に動画を見てもらえたこと、何かポジティブな気持ちになれたと言ってもらえたこと、大げさではなく、僕の人生において宝物になりました。どんなに感謝の言葉を尽くしても、伝えられそうにありません。
 2年半という長い時間、こんなミソッカスな僕がずっとうp主でいられたのは、間違いなく動画を見ていただいた皆さんがいたからです。ずっと楽しかったです。ずっと、嬉しかったです。

 ここまで連れてきてくれてありがとう。
 あなたがくれた笑顔を、いつまでも忘れません。

 
 トモナシ


posted by トモナシ at 23:05| Comment(318) | ニコニコ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

歌ってみた入門I

ここまでのお話はこちら
http://tomonashi.seesaa.net/category/7172159-1.html(←下から読んでね)


〜前回までのあらすじ〜
歌い手を目指す底出うぷ夫(小学4年生)は、底辺歌い手である底辺のお兄さんからの教えを受けるも、中堅歌い手であるエリザベス子の前にあえなく散った。エリザベス子にどうやったら勝てるのか、うぷ夫の壮絶な戦いが今始まろうとしている。(その頃、エリザベス子は踊ってみたカテゴリへ転向し囲われていた)



お兄さんといっしょ 最終回


「お兄さん!底辺のお兄さん!昨日ぼくがうpした歌ってみた動画がビックリするほど伸びてないよ!ニコ厨たちの目は完全に節穴だよ!お兄さん、早くイケメン王子まじイケメンってコメしてよ!執拗にコメしてよ!」

「あ、うん、そうだね・・・」

「あれれ?なんだいその反応は!いつものお兄さんなら「自演はよくないよ」ってキョドりながらも注意してくるのに!今日はどうしたの?どこか悪いの?多い日?」

「そんなことないよ、大丈夫さ」

「ならよかった!それじゃあいつもみたいに歌ってみたを教えてよ!ニコ生のやり方を教えてよ!」

「え、ニコ生?歌ってみたを教えてと言ったそばから?」

「だから歌ってみたが過疎ってるが故に違うアプローチから突破口を模索するんだよ!お兄さんはコミュニティを持っていて底辺歌ってみただけでなく、その訥弁で社会不適合者ぶりを惜しげもなく披露しているじゃないか!」

「そうだなあ、まずプレミアム会員じゃなきゃ放送できないね」

「出た!お金!いきなりお金の話題!薄汚れた大人の事情!これはマルクスもゲンナリするほどの拝金主義だよ!」

「じゃあ実際にニコ生をやってみるね。僕が生主で、うぷ夫君が視聴者のシミュレーションでやってみよう。うぷ夫君はコメントを使って質問とかしてくれたらいいから」

わかったwww

「なんで草生やされたか分からないけど始めるよ。お兄さんの手順を言うと、まずマイクとイヤホンとwebカメラを繋ぎます。FME立ち上げて画面表示を確認、放送の枠を取って外部ツール配信を選択、URLとstreamをFMEへコピぺしてFMEスタート、ニコ生の方の音をミュートにして、放送を開始、という感じだね」

なるほど、わからん

「うん、多分ググって触りながらやらないと分からないと思うね」

くぎゅううううううううううううううううううう

「なんで弾幕されたか分からないから話をガラリと変えるけど、うぷ夫君に言っておくことがあったんだ。ニコ生通して言うのもなんだけど・・・」

キモヲタってことは知ってるから教えてくれなくても大丈夫だよ!

「実はもう、うぷ夫君に教えることができなくなったんだ」

??

「お兄さんは、もう動画をうpしないから。これからは、一人で頑張ってうpを続けて欲しいんだ」

ちょっとなに言ってるかわからないです

「大丈夫だよ、もううぷ夫君は一人でできるから」

・・・なに言ってるんだよ!全然大丈夫じゃないよ!もっとキョドリながら教えてよ!それにお兄さんがいるだけで、それだけで良かったのに!「ああこんな水垢みたいな人間でも頑張ってるんだ」って安心できたのに!水垢との比較でなんとか自己を確立できていたのに!ひどいよ!あんまりだよ!こんなの絶対おかしいよ!

「残念だけど、お兄さんはここまでなんだ。一つだけ、何かうぷ夫君が教えてほしいことがあったら今コメントを打ってみて。それがお兄さんの最後の回答だよ」



「特にない?」


・・・・お兄さんは、ゴミクズみたいな歌唱力だった上に人間的にもキモいナメクジ系の人なのに、どうしてずっと歌ってみたをうpできたの?僕はずっとそれが不思議だったよ。頭がちょっとおかしいから出来た芸当なの?更年期障害?

「そうだなあ、どうして続けられたのかは色々あるからなあ」


「ただ、一つ言うなら・・・」





〜3年後〜


「こんばんわ、それじゃあニコ生を始めるよ、「イケメン王子の今夜もイケイケ」!初見さんいらっしゃい! ・・・ちょっといきなりコメントで荒らすのはやめてよ!NGユーザーに追加した上にあらゆる手段を使って社会的に抹殺するよ!」

イケメン王子こんばんわ!イケメン王子まじイケメン!

「ああ、やっとまともなコメントがきたよどうもこんばんわ!」

どうしてイケメン王子は死んだ魚のような生臭い歌声なのに歌ってみたをうpし続けているんですか?

「ちょっとおまえ絶対に確実にブッコロスよ!でもまあ、来場者数が1しかないので今回ばかりは回答してあげるよ。視聴者とのコミュニケーションを大切にする生主っぷりをアピールだよ。俗にいうツンデレだよ。 ・・・これはね、ある人の受け売りなんだけれど」



「君が見てくれたからだよ」

〜Fin〜
posted by トモナシ at 19:12| Comment(63) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

サンシャイン祭り

6/12ボーカロイドマスター、無事に終了いたしました。
91枚を用意し、キョドリながら応対していると、気が付けば完売をしておりました。
売上金は全額余さず義援金として振込みましたので、家に帰ってCDを聴いてガッカリ感でいっぱいの方もドンマイです。
gien.jpg

来ていただいたのに買えなかった方は本当に申し訳ありませんでした。CDを買えなかった腹いせに僕のお尻を触っていった女子もいましたので、今思えばCDを買えなかった人全てにお尻を触らせてあげれば良かったと思っておりますし、場合によっては乳首くらいまでならツネらせてあげるのもやぶさかではない、それくらいに申し訳なく思っております。

ただ、平沢Pは技術的に未熟とかそんなレベルにさえ至らないアレですので、最初に200円か300円、とした値段設定を動かす訳にはいかず、となるとプレスをする選択肢はそもそも無く、自分の手で焼くっきゃなかったため、91枚というのはわりと限界ギリギリのラインだったとご理解ください。(友達もいないので一人でやらないと駄目だし!)

ボーマスでは有名Pの方に挨拶をしたり(ほぼ無言で)、チラ見をしたりできましたし、えらい混んでる通路でしたがたくさんの方に来ていただき、段ボール2箱の差し入れやお手紙や生の声をもらって、たとえ「生で動くトモナシは本当に気持ち悪かった!」と思われたとしても、やってよかったなあと思っています。皆さんありがとうございました。


息つく暇なく、今週は動画投稿をしますので、見ていただけると嬉しいです。
真面目な話は最後、コミュニティやツイッターを終えるときにでもブログにしたためますので、動画投稿に関してはとりあえず普段と変わらず楽しんでもらえたらなあと思っております。
替え歌は9割以上書きなおしましたが、2年くらい前に考えたネタをそのまま使っていたりして、個人的には色々感慨深い動画となっています。動画の方向性としてはとてもシンプルで、ここにきてトモナシのベタな部分が表現された動画をうpすることができることを嬉しく思っています。

そんな感じですので是非楽しみにしていただければと。
あともし暇な時があればアンケートもどうぞ!→http://enq-maker.com/3Z4sCSC
posted by トモナシ at 13:28| Comment(28) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

レイニーブルー

梅雨の6月、ティロ・フィナーレの6月。ブログやツイッターを頻繁にチェックされている方ばかりでもないと思うので、改めて現時点でのティロ・フィナーレスケジュールをお伝えしたいと思います。(サラリーマンっぽい!)

6/12(日)
ボーマスで平沢PのCD-Rを頒布します。B73,74でキョドっていますので、皆さんのキョドリ突撃をお待ちしています。(名刺もあるよ!)
6/12(日)夜
ニコ生でボーマスの反省会をします。(反省材料しかないと思います)

6/17(金)夜
動画を投稿します。(これがティロ・フィナーレです)

6/25(土)夜
ニコ生最終回のご挨拶です。
(このタイムシフトが切れたところで、コミュニティとツイッターを終了します)


 ティロ・フィナーレ理由ですが、深刻なネタ切れと、仕事その他生活環境が大きく変わるためです。
残すのはアカウント・動画・ブログで、今後に関しては全く考えていないため、いつかまたうpすることもあるかもしれませんし、それが別名義であったり踊ってみたであったりキョドってみたであったりするかもしれませんし、あるいはもう永久に何もうpをしないかもしれません。それは僕自身でも全く分かりませんし、ただ一つ分かっていることは唯ちゃんマジ天使、ってことだけです。

 これで一旦ティロ・フィナーレとなり、皆さんには言いたいことがたくさんありますが、ボマスや次の動画はそんなことは関係なく楽しんでもらいたいというのもあり、その辺りはまた最後のブログにでも書き殴ります。
 ただ、こんな何の変哲もない一般人というかそれ以下のミソッカスに対してたくさんの反響をいただいたことを、本当に感謝していると伝えたいです。もう動画を見てくれた全員の家に行ってペロペロしたい、そして刑事と民事の両方で訴えられて服役したい、それくらいに感謝をしています。

 それではとりあえず次の動画を楽しみにしていてください。(僕はすでにスベる恐怖のみで苦悩しています)
posted by トモナシ at 09:01| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。